旅行お役立ち

旅行におすすめのリュック10選!2泊3日に最適な容量のモデルをご紹介!

旅行におすすめのリュック10選!2泊3日に最適な容量のモデルをご紹介!
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

旅行にお出かけするときに、カバンはリュックでいいのか迷ったことはありませんか?

2泊3日の旅行なら、リュックでも十分な最適容量のモデルが豊富にあります!

スーツケースやショルダーバッグも良いけど、2泊3日の旅行に行くなら断然リュックがおすすめですよ♪

今回は、旅行に使いやすいおすすめのリュック10選をご紹介していきます。

荷物が多い方も、そうでない方も是非参考にしてみて下さい。

  • 旅行におすすめのリュック10選!
  • 2泊3日に最適な容量のモデルは?

旅行におすすめのリュック10選!

旅行に最適なリュックとは、

  • 機内に持ち込めるか
  • 疲れにくく快適さが続くか
  • 機能性が優れているか
  • リュックの重さはどうか

などの条件をクリアしたリュックではないでしょうか!

旅行にリュックを採用することは実はとても実用的なのです。

リュックなら両手が空いて、スマホの地図アプリを見ながら歩けたり、電車移動なら手荷物置き場にさっとおける手軽さや、飛行機移動なら手荷物を預ける手続きが不要になりますね。

これらの条件をクリアしたおすすめのリュックは、

  1. THE NORTH FACE vostok(ザノースフェイスボストーク)
  2. Millet KURA40(ミレークーラ)
  3. GREGORY JOURNEYMAN(グレゴリージャーニーマン)
  4. mont-bell ガレナパック30(モンベル)
  5. Columbia スターレンジ30(コロンビア)
  6. Coleman エリアス30(コールマン)
  7. karrimor hash cargo30(カリマーハッシュカーゴ)
  8. patagonia ブラックホールパック(パタゴニア)
  9. L.L.Bean マウンテン・クラシック・ビガロー・バックパック(エルエルビーン)
  10. snow peak 4WAYウォータープルーフドライバッグ(スノーピーク)

などがあります。

どれを買っていいのか分からないというあなたへ国内旅行や海外旅行、出張などのビジネスシーンでも活躍するリュックを10選を順番に紹介していきましょう♪

おすすめリュック①:THE NORTH FACE vostok(ザノースフェイスボストーク)

収納、容量、背負いやすさとデザイン全て欲しい欲張りな方には、ザノースフェイスの定番リュックのボストークをおすすめします。

容量は旅行するには十分な30Lと大容量となっています。

ジッパーで仕切られたポケットが2つあり、収納力が高く、PCやタブレットなどの収納もできますよ。

収納可能なウエストベルトがついていて、このウエストベルトをすることで、腰に負担がかからず長時間歩いても腰を痛めにくい設定になっています。

ハイキング程度の登山やタウンユースにももってこいのリュックですね♪

おすすめリュック②:Millet KURA40(ミレークーラ)

荷物が多い人には、登山向けアウトドアブランド、ミレーのクーラ40がおすすめです。

お土産も何もかもリュックに詰め込みたいなら、断然収納サイズの大きいリュックが良いですよね。

登山のみならず、その高いファッション性もあり、タウンユースできるリュックになります。

40Lのわりには、小ぶりに感じるという口コミがあるほど、とてもスタイリッシュです。

収納も多くても軽くて丈夫なので、靴やサンダルなど分けて持っていけるのも、クーラ40の良さと言えますね!

created by Rinker
¥19,550
(2024/05/19 16:43:14時点 楽天市場調べ-詳細)

おすすめリュック③:GREGORY JOURNEYMAN(グレゴリージャーニーマン)

スーツケースやキャリーケースが使い慣れている方には、グレゴリーのジャーニーマンがおすすです。

ジャーニーマンは二枚貝のように開閉できる仕様で、ガバッと開けられるスーツケースのような使い方ができます。

ポケット数も多く、いろんなものを小分けに収納できるのもうれしいですよね。

スクエア型で背中にピッタリフィット、大容量のわりに後ろ姿はとてもスタイリッシュに決まります。

機能性だけでなく、見た目で購入したという人がいるくらいデザインはカッコいいですよ!

おすすめリュック④:mont-bell ガレナパック30(モンベル)

とにかく長時間移動したい、歩きたいという方には、モンベルのガレナパック30がおすすめです。

ガレナパックはバストとウエストにハーネスがついていることにより、リュックが背中から離れることなく移動中も背中にフィットしてくれ、長時間背負っても疲れずらい設計になっています。

ウエストハーネス部分にサイドポケット仕様になってるので、ちょっとしたハンカチやティッシュ、小銭やカード類が収納できます。

電車移動や食べ歩きなどの観光にも、わざわざ立ち止まってリュックをあけずに取り出せるのはうれしいですね。

荷物が少ない人にはこちらのライトパックがおすすめです♪

おすすめリュック⑤:Columbia スターレンジ30(コロンビア)

容量は確保したいけど、スタイリッシュに持ちたい方には、コロンビアのスターレンジ30がおすすめです。

スターレンジは30Lの大容量にもかかわらず、リュックが後ろに突き出さずにとてもスマートに背負うことができます。

大自然を味わうアウトドアはもちろん、旅行先の街並みにもどんなシーンにもマッチするスタイリッシュなデザインです。

旅行に使わない時には、通学に使ってもとてもなじむので、わざわざ旅行用としてリュックを持つ必要がありませんね。

コロンビアのリュックは、なにより機能性の割に低価格でコストパフォーマンスに優れているという口コミを多く見かけます。

おすすめリュック⑥:Coleman エスリア30(コールマン)

収納がたくさんほしいという方には、コールマンのエスリア30がおすすめです。

スタイリッシュながら、本格的な登山にも向いているエスリア30は登山用の備品を入れておくための収納ポケットがたくさんあります。

旅行中に持ち歩きたいものをひとつずつ収納しておくことも可能です。

重量も1kg以下と軽量で、リュック自体が重くなく、たくさん詰め込んでも重くなりにくいのもいいですね。

おすすめリュック⑦:karrimor hash cargo30(カリマーハッシュカーゴ)

パートナーや家族と共有して持ちたい方には、旅の上級者に愛されるブランド、カリマーのハッシュカーゴ30がおすすめです。

男女兼用で体系の違いがあってもどんな方にもフィットするのが、ハッシュカーゴ30の特徴です。

他のブランドでもユニセックスのリュックはたくさんありますが、カリマーのハッシュカーゴは女性が背負いやすい設計になっています。

ポケット数も多く、シンプルなデザインが飽きを感じさせません。

おすすめリュック⑧:patagonia ブラックホールパック(パタゴニア)

環境を考えたリュックを持ちたいと考える方には、パタゴニアのブラックホールパックをおすすめします。

パタゴニアのリュックは表地も裏地にも、100%リサイクル素材を使っています。

自分が使うものにも、リサイクルされた製品を使ってみたいという方には、パタゴニアはとてもおすすめです。

登山に特化しているブランドなので、リュックの重量は約700gと軽量なのもいいですよね♪

厳しい寒暖差への耐久性は抜群で、タウンユースよりかは大自然の旅行にもってこいではないでしょうか。

おすすめリュック⑨:L.L.Bean マウンテン・クラシック・ビガロー・バックパック(エルエルビーン)

オシャレなデザインのリュックを持ちたい方には、クラシックな見た目のエルエルビーン・マウンテンクラシック・ビガローバックがおすすめです。

見た目のオシャレなデザインだけではなく、大容量の本格的バックパックです。

もちろん本格的な登山にも持っていける仕様で、使い勝手には問題ありません。

リュックが自立するのも特徴のひとつで、荷物を出すときにいちいち支えておかなければならないストレスから解放されます。

おすすめリュック⑩:snow peak 4WAYウォータープルーフドライバッグ(スノーピーク)

防水性の高いリュックが欲しい方には、スノーピークの4WAYウォータープルーフドライバックがおすすめです。

バックそのものにウォータープルーフ加工を施してあるので、突然の雨にも慌てることがありません。

レジャーやキャンプなどのアウトドアで活躍すること間違いなしです。

4WAYの持ち方ができ、リュックとしてはもちろんボストンバックとして手で持てたり、斜め掛けやショルダーバックとしても活用できます。

とにかく中の荷物を絶対に、濡らしたくない人に最適なリュックと言えるでしょう。

女性におすすめのリュックは?

女性には、軽量&大容量を叶えてくれるColeman(コールマン)アトラスロールトップがおすすめです。

コールマンのアトラスロールトップは開閉部分がロールアップでき、容量調整ができるのが特徴です。

荷物が多くなってしまいがちな女性や、お土産をたくさん買ってしまう方にもおすすめのリュックです。

リュック自体が軽量で、リュックの重さが加わるとその分重くなってしまいますよね。

さらに、肩や腰に負担をかけてしまうため、できるだけリュック自体の重さは軽い方が良いでしょう。

コールマンはデザインやカラーも豊富なので、普段使いやお好みのタイプを選んでみてはいかがでしょうか♪

2泊3日に最適な容量のモデルは?

2泊3日の旅行に最適な容量のモデルは20~30Lのリュックです。

荷物の多い人でも30Lの容量があれば、2泊3日の旅行なら十分だといえます。

20L~30Lの容量では、2泊3日分の衣類はもちろんのこと、現地で買ったお土産なども一緒に入れることができ、荷物を一つにまとめられてとても快適です。

例えば、私みたいに子供の荷物も一緒にひとつにまとめたい子連れ親子なら、30L~40Lの容量と表記されているモデルを選ぶことをおすすめします!

2泊3日の国内旅行でリュック選びの注意点は?

国内旅行では、出発時点でのリュック使用量を7割程度に抑えておけるように注意しましょう!

帰りにお土産など買っても、リュックに入れておけることが理想ですね。

あれもこれも心配で持っていきたくなるかもしれませんが、無いなら使い慣れたコンビニで購入することもできます。

飲み水や、ちょっとしたお菓子など、どこでも買えるものは荷物にいれずに現地購入するのもありですね♪

2泊3日の荷物を入れて、リュックの7割程度で収まるリュックを購入することをおすすめします。

2泊3日の海外旅行でリュック選びの注意点は?

海外旅行をリュックでするときの注意点は2つあります。

  • 注意点①:機内持ち込みのサイズと重量を確認する
  • 注意点②:リュックのセキュリティにも気を付ける

注意点①機内に持ち込めるサイズを、必ず確かめておきましょう。

きちんとサイズと重量がきめられているので、各航空会社のHPで事前に確認しておく必要があります。

注意点②セキュリティの強化ですが、リュックはスーツケースと違い、ロック機能が無いものが多いです。

南京錠のつけられるモデルも販売されていますが、貴重品はウエストポーチなど別に保管しておくことも、海外旅行では常識となっています。

2泊3日の出張やビジネスシーンにおすすめのリュックは?

ビジネスや出張におすすめのリュックは、POTER TIME BLACK デイパック(ポータータイムブラック)です。

シンプルなデザインで、やわらかな牛革を使用した上品なデザインが、ビジネスシーンにピッタリですよね。

書類やファイルを折り曲げることなく収納できるスクエアタイプで、PCもタブレットも衣類もまとめたいという人向けのリュックといえます。

容量は20Lあり、下着の着替えや靴下など充分に収納できる容量となっています。

旅行におすすめのリュック10選!2泊3日に最適な容量のモデルをご紹介!のまとめ

いかがだったでしょうか?

現在販売されているリュックは、アウトドアユースとタウンユースで区別がなくなってきています。

どのリュックもデザイン性が高く、機能性に優れ、どれをおすすめしようか迷ってしまうほどでした。

リュックを選ぶ際に大切なことは、自分に必要な容量を確認し、求めている機能のついたリュックを探すことです!

自分に合ったリュックにきっと出会うことができます。

ぜひ、今度の旅行にはリュック旅行をプランにいれてみてはいかがでしょうか♪

最後までご覧いただきありがとうございました。

  • 2泊3日の旅行ならリュックが最適
  • 2泊3日の旅行に最適な容量のモデルは20~30L
  • 荷物の多い人でも30Lの容量があれば十分
  • 出発時点でのリュック使用量を7割程度に抑えておくのがポイント
スポンサーリンク