「悪の組織BLACK-MAXからの脱出」解説ページ

悪の組織BLACK-MAXからの脱出・解説

inSPYreエージェントCat(キャット)の指示のもと「捕らわれたエージェントSalt(ソルト)を救出」するため、
悪の組織BLACK-MAXのアジトに潜入をすることになった。
しかし潜入間際、BLACK-MAXの構成員の侵入によりCatは交戦の末倒れBLACK-MAXに捕まえられてしまう。
牢屋代わりとなった潜入口からまず脱出をしなければならない。
潜入口に残されたメモを部屋にある資料を読み解き埋めると・・・

513となり、部屋を開錠しCatが倒れる通路を抜けアジト内に潜入することが出来る。
アジト内に入ると見張りの構成員が巡回をしており、見つからないように行動をしなければならない。
見つかってしまうと再度牢屋代わりの潜入口に閉じ込められてしまう。
アジト内には計6枚の手記が配置されており、それぞれ隠された暗号を読みといて金庫を開錠しなければならない。


表から5を探し、それに対応するひらがな表の5の位置下を読む。(例:右端上の5の下は「く」)
→の通りに読むと「じゅうひくろく」答えは4


アルファベットに直し、ABCDEFGHI・・・の何番目か数える。(例:ika=9 11 1)
答えは「金庫」k i n k o


手記2と同じ。
最初に配られるチームナンバーの名前とIDも同じ法則で成り立っている。
答えは「5」


五十音表と対応している。
①②③の場所を読むと答えは「きゅう 9」


できる表とできない表を対比してその違いを見つける。
できる表は日本語に直して逆さまにしても言葉に「できる」もの。(例:North→北→きた→たき→滝)
Blackは黒なので法則に従うと答えは「6」


英語に直し二文字目を読む。例:0=ZERO 10=TEN
手記23415の順番で読む。
そうすると答えが金庫5946となり迷路を抜け金庫を開けることが出来る。
これで指令書のFirst Mission:金庫開錠はクリアとなる。
続いて金庫内にあるブラックライトを手に取り、手記を順番に照らしていく。
照らすことで謎が浮かび上がり再度解き進めていく。


7の左を読めと映るので同じように解く。
答えは「極秘監禁」


⑦③⑨と映るので、答えは「牢の」


4 1 11 21 20 15 と映るので、答えは「ダクト」


⑥⑤゛⑧と映るので、答えは「7」


法則に従い「Death」を解読せよと映るので答えは「4」


W×H+O-Nと映るので答えは「9」

文章を繋げると「極秘監禁牢のダクト749」

極秘監禁牢に入るとエージェントSaltが捕らわれており、一番最初に付けられたバンドを適正に外さないと脱出してもセンサーで見つかってしまうと教えられる。
バンドを切る為の道具を探さなければならない。
また同時に「そのバンドには脱出のための暗号を仕込んだ」「手をつなぐといい」と言われる。

手記の「て」を繋ぐことを示しており、文章を繋ぐと「機密保管庫の番号はM1BA!」となる。

カッターが置いてあり、これでバンドを切ることができる。
切ったバンドの裏面にブラックライトを当てると、
☆「脱出する方法」を見ろ」という暗号が見え、それに従って読み解くと☆マークの脱出口にあるキーボックスを開けられる。
「脱出する方法」というのは一番最初の潜入口設置のパネルにある文言で続く文章は「以下を入力すれば錠が開く」
手記2の「以下=9111」を入力すると中にある鍵を取り出し、脱出できる。

脱出する前にCatとSaltを救出すると機密文章が手に入る。

悪の組織BLACK-MAXからの脱出・解説は以上だ。